2020年6月1日月曜日

花の日


職員や保護者の方のご協力のもと
捧げていただいたお花です。
温かなお気持ちありがとうございました。

乳児クラスの礼拝では、みんなで「おはながわらった」の歌を歌ったり

子どもたちに親しみのある花の写真を見ながら
お花にもいろいろな名前があることを聞きました。
みんながすくすくと大きく育ちますよう
青木牧師と一緒にお祈りをしました。
お花を触ったり…
見て楽しんだり…
興味津々の子どもたちでした。

また、幼児クラスでも、礼拝を行いました。
花にはいろいろな種類があり、人間もいろいろな人がいてみんな違うものを
神さまは与えてくれました。
そのことを感謝できますように。

また、新型コロナウイルスが流行っている中でも、一生懸命働いている人がいます。 
すべての人に感謝して過ごせますようお祈りをしました。

また、「花の日礼拝」のあとに延期になっていた
4月と5月生まれのお誕生日会をしました。

 一生懸命ろうそくを吹き消す姿が可愛らしいです。
これからもお花のように皆に愛され
すくすくと大きく育ちますように。

(YMCAたかつ保育園 小野寺)

2020年5月28日木曜日

乳児園庭遊び

YMCAたかつ保育園
暖かい日が続く中、ひよこ組・あひる組・ぺんぎん組の
子どもたちは元気よく園庭に遊びにいきます。
園庭に出ると水道の近くに行き、ペットボトルや入れ物を持ち
水を入れ、「冷たい」や「いれてー」という声がたくさん聞こえてきました。


次は、ジョウロの中に入った水をペットボトルの中に入れ、
ボウルの中に水を入れ、冷たさを感じたり
砂の柔らかさや、土の硬さなどの感触を楽しんでいます。


またまたこちらでは、水を持ち、花壇のお花に水をあげていました。
ひとりの子が水をお花にあげに行くと、それを見て
指をさしながら、お水を取り行く姿が見られました。
それを見て、「何をしているのかな」と不思議に思った子たちが
のぞき込み様子を伺いながらじっと見つめていました。


お水をたくさんもらったので、元気に咲く姿を一緒に見ていく
事ができたらいいなと思います。


(YMCAたかつ保育園 吉野)

2020年5月22日金曜日

園庭遊び(幼児)

YMCAたかつ保育園

暑い日や涼しい日気温の変化がありますが、
保育園では元気に園庭でたくさん遊んでいます。

お友だち同士協力して穴を掘ったり
電車を長く繋げて走らせたりしています。


「アイスクリームいかがですが?」とみんなで
アイス屋さんをしてとても楽しそうに遊んでいます。
お客さんが来るととても嬉しそうな様子。


裏庭で畑の草むしりのお手伝いをしてその途中
虫探しをして自然にたくさん触れ合っています。



何か見つけると「なにこれ?」と友だちや大人に
尋ねて新しい発見を楽しんでいます。


たくさんのダンゴムシを見つけ見せてくれました!
乳児クラスの子どもたちにも見せてくれ、
「見せて!」と大人気でした!


お兄さん、お姉さんになって年下の子と関わる姿も
たくさん見られ、とても嬉しく感じています。
これからも自然に触れていきながら子どもの新しい発見、
「なんだろう?」という興味を大切にしていきたいです。

(たかつ保育園 佐保田)





2020年5月13日水曜日

マスクを寄付していただきました


株式会社xenamaさま、株式会社global bridge HOLDINGSさまより
洗えるマスクを寄付していただきました。




マスク不足の所、とても助かりました。
ありがとうございます。


(たかつ保育園 小野寺)


2020年5月7日木曜日

こいのぼり

YMCAたかつ保育園

5月5日は子どもの日!
たかつ保育園にはたくさんのこいのぼりが飾られていました。
子どもたちはいろいろな所にいるこいのぼりを見つけて
「見て!あそこにいるよ!」と手を振る姿が見られました。
たくさんのこいのぼりを紹介します!

幼児の部屋に大きな力強いこいのぼりが!
自由に塗ったり貼ったり。
  
大きなうろこが素敵ですね!
 
あひるの部屋にはかわいらしいこいのぼりたち。
あひる組、ぺんぎん組のみんなでシールをペタペタ。
これを見て「あ!」と指をさし、笑顔溢れる子どもたち。
ぺんぎん組の部屋にも。こいのぼりがみんなを見守ってくれています。
お休み前の給食はこいのぼりメニューでした。
美味しい!かわいい!と大盛り上がり!
ぱくぱく食べ、大好評でした!
外に飾られているこいのぼりを見て「パパ!ママ!」と
安心する子どもたちがたくさんいました。
まだ大変な日々が続きますが、これからも
世界中のみんなが元気に笑顔で過ごせますように。

(たかつ保育園 長部)






幼児礼拝

YMCAたかつ保育園

4月27日(月)の幼児礼拝では
聖書を通して「讃美歌」についてのお話を聞きました。
どんなお話をするのかなと真剣な子どもたち。



羊飼いのダビデは竪琴を弾くことが上手で
神さまへの感謝であふれた讃美歌を歌っていました。
ある日、ダビデが住んでいた国の王様が悪い病気になってしまいました。
どのようにしても治らず困っていると、
ダビデの事を知っている家来が王様に話をしました。
ダビデの竪琴を聴きたいとお願いをすると、その音楽のきれいなこと!
その音色を聴くと王様の病気はすっかりよくなりました。
神さまは心を込めて賛美してくださったことをとても喜び、
毎日の賛美を神さまは喜んでくださるようになりました。

子どもたちも礼拝の中で讃美歌を歌っています。
今回の話を聞き、神さまが私たちの讃美歌を喜んでくださると知った子どもたち。
お話の後に歌う讃美歌と一生懸命歌おうとする姿がありました。



今後の礼拝でも、心を込めて讃美歌を歌うことを
大事にしていきたいと思います。

(たかつ保育園 橋口)

2020年4月28日火曜日

YMCAたかつ保育園

手洗いが推進されている今、毎年、富士山YMCAでの東日本復興支援キャンプ、横浜YMCA
オルタナティブ事業のデイキャンプをご支援くださっているジョンソン株式会社より、
ハンドソープを寄贈していただきました。
早速保育園で使用させていただいています。


「このせっけん、いい匂いがするよ!」「手がつるつるになった!」と、
手洗いが楽しくなるような子どもの声や、笑顔が見られました

寄贈してくださったジョンソンさんに、心から感謝いたします。

(たかつ保育園 野村)