2019年3月11日月曜日

洪水の避難訓練をしました

たかつ保育園 多摩川決壊想定の避難訓練報告

3月11日(月)、2011年の東日本大震災の教訓を受け、
地震による多摩川決壊を想定した避難訓練を行いました。
地震発生の放送のあとしばらくして、多摩川の洪水を知らせる放送をしました。
普段と違い、上の階に逃げる垂直避難です。


全員無事に3階のホールに避難できました。係からお話を聞いて訓練は終了です。

なお、専門家の予測では、実際の多摩川決壊園があった場合、
保育園のあるこの地区では、1階床上浸水と予想されています。
そのようなことが起きないよう願いますが、万が一に備えての準備も大切にします。
(たかつ保育園 3月の訓練担当 志田)


震災支援②~被災者の方々のためにお祈りをしました

たかつ保育園 東日本大震災を覚えての礼拝の報告

幼児(3~5歳児)クラスでは、毎週月曜日に礼拝を行っていますが、
3月11日(月)は、東日本大震災を覚えての礼拝としました。
前の週に、YMCAの被災地訪問研修に参加した保育士が、
8年経ってもまだまだ傷跡が残る現地の学校などの状況を写真で紹介しました。
子どもたちにとっては、生まれる前のできごとですが、
身近かなこととして感じて説明を真剣に聞いていました。

被災地の復興と、命を亡くした方々の尊い経験を、今生きている私たちが活かし、
生命を大切にしていけるよう、みんなで心を合わせてお祈りをしました。
(たかつ保育園 担当保育士 上野)


2019年3月9日土曜日

震災復興支援①~クッキー販売しました

たかつ保育園 東日本大震災復興支援クッキー販売の報告

3月8日(金)、2011年に発生した東日本大震災と被災地の方々を覚え、
給食室で手作りしたクッキーを販売しました。

販売コーナーには、被災地の現状を伝える掲示物を用意しました。

5歳児クラスの子どもたちが、販売のお手伝いをしました。

 直接支援に行くことは難しいですが、
みんなで、わたしたちにできることは何なのかを考える機会となり、
お手伝いの子どもたちに、「このお金は何に使われるのですか?」と聞くと、
「東日本の大きな地震でお家が流されたり、壊れてしまった人たちに送ります。」
などと、しっかりと答えていました。
収益は、13,350円となり、全額を東日本大震災復興支援募金に送ります。

幼児クラスでは、3月11日(月)の礼拝で、
先日、実際に被災地を訪ねた職員のお話を聞きいて、お祈りをする予定です。
(たかつ保育園 募金担当 又木・小野寺)




2019年3月8日金曜日

交通安全教室を行いました

たかつ保育園 交通安全教室の報告

3月6日(水)、園に高津警察署と川崎市交通安全協会の方々をお招きして、
幼児(3.4.5歳児)クラスの交通安全教室を行いました。

子どもたちは真剣に聞いて、交通安全について学んでいました。

もうすぐ小学校に進むきりん組(5歳児クラス)は
模擬横断歩道を使って歩行訓練もしました。
右を見て、安全を確かめてから横断歩道を渡る練習です。
青信号でも安全を確認しながら歩く大切さを教えてもらいました。
今後も交通安全には充分に留意してまいります。
(たかつ保育園 副主任 甲斐)






2019年2月27日水曜日

いじめのない世界をめざそう!2019 YMCAピンクシャツデー


【たかつ保育園】ピンクシャツデーの報告♯YⅯCAPINK


 2月27日(水)、たかつ保育園でも、子どもたち・保護者のみなさん・職員に呼びかけ、
「いじめのない世界」を願って、ピンクシャツデーを迎えました。

 幼児クラスでは前日から「ピンクシャツを着てくる!」と張り切って着てきてくれた子や、
そんなお兄さんお姉さんを見て「ぼくも!わたしも!」と乳児クラスの子どもたちも
着て来てくれました。


たかつ保育園の1歳児クラスではクラスカラーがピンクだったので、
ピンクシャツ着用の他に、帽子を被って写真を撮りました。


こちらはピンクシャツを着て来てくれた5歳児の子どもたちです。
仲良く、肩を組んで撮ってくれました。


一人ひとりが大事にされる平和な社会になりますように!!

(たかつ保育園 ピンクシャツデー担当保育士 橋本 )

2019年2月26日火曜日

保護者も共に~ピンクシャツデー進んでいます

たかつ保育園 ピンクシャツデーの取り組み報告

2月27日のピンクシャツデーに向けて取り組みが進んでいます。
たくさんのメッセージでシャツがピンクに埋まって来ました。

 お友だちとの間で、いやだったこと、嬉しかったことなど、
一生懸命書いてくれました。

お友だちとの間で、いやだったこと、嬉しかったことなどを、
一生懸命伝えてくれました。
先日の保護者懇談会では、保護者の方々から、
「子育ての中での子どもたちとの関わり」を振り返って、
メッセージを出していただきました。初の試みです。
ただ、ピンクのシャツを着るだけでなく、
人を大切に考えようとする思いが、
いろいろな場面に広がるきっかけになっているようです。
(たかつ保育園 園長 木島)

2019年2月23日土曜日

わ~いシャボン玉だぁ!!

たかつ保育園 シャボン玉ショー開催の報告

2月20日(水)、保護者会主催による杉山兄弟の「シャボン玉ショー」が行われました。
 いよいよシャボン玉ショーがスタート!初めは、あいさつ代わりに大量のシャボン玉を
みんなの所に飛ばしてくれ、子ども達の気持ちはどんどんと盛り上がっていきました。

様々な道具を使い、テクニックを披露してくれたり、ショーへの参加もさせていただいたりと、子どもたちも大人たちも笑い声と笑顔で溢れていました。
保護者の皆さま、楽しい時間をありがとうございました。
(たかつ保育園 副主任保育士 甲斐)